郷土愛!?


宮崎ブーゲンビリア空港の紹介

 

 


成人してそれぞれ仕事を持ち、なおかつ居住地も離れていると、兄弟3人が揃うことも滅多にありません.最後に一同介したのは、10年前に姉親子が上京したときだと思います.
今回妹家族が帰省すると聞き、貯まっていたマイレージで急遽帰郷.で、帰京の際の宮崎空港.少し前から、宮崎ブーゲンビリア空港と称するそうです.

 


宮崎空港には航空大学校があります.これまで多くの民航パイロットを教育してきた施設です.3~4年ほど前、展望台にかつて飛行訓練に用いられていた機体が展示される事となりました.そして、子供さん優先でコックピットに座れます.成人は子供さんがいないときだけ着座可能.あるいは、有名人とか(忖度!?).今回、元アストロノート山崎直子氏の紹介写真が掲示されていました.

で、富山君は着座したことがあるか?

ハイ、あります(笑).感想は、狭い!!というか、視界が狭い.体験搭乗したことがある空自のF-15、T-4、T-1、米空軍のF-16などいずれも、周りを確認出来たので.

で、子供達を優先しているからか、展望台にあるトイレもお子様仕様でした.これは最近の改装ですね.



最後、搭乗前の夕日.
春先に帰省すると、空港→宮崎市内のバスに乗車中、丁度大淀川にかかる橋のあたりで地平線に沈む夕日を観る事が出来ます.実に綺麗です.